• ホーム
  • アナリティクスで出来ること

アナリティクスで出来ること

サイト運営を実践し相対的に検索順位を上位表示させるためには、競合サイトへの検索ユーザーの動向を分析することは重要ですが、それと同等に大事なのは自サイトへのアクセスを分析することです。キーワードの選定が検索トラフィックの流入に反映されているのかなどはマーケティング戦略の妥当性や、S効果的なSEO対策を実践する上でも重要です。このようなニーズにお応えするのがGoogleアナリティクスになります。

GoogleアナリティクスとはGoogleが無償で提供しているアクセス解析ツールのひとつです。無料で基本的機能を利用できますが、アナリティクスと連携することで、自動的にアクセス解析を行ってくれるのが特徴です。アナリティクスと自サイトを連携することで出来ることには、リアルタイムの状況とユーザーの基本属性、ユーザーのトラフィック経路・サイト内部でのユーザーの行動や最終的なコンバージョンなどの5点を明らかにしてくれる機能が実装されているのです。リアルタイムの状況とは、具体的に現在サイトを訪問している検索ユーザーの数になります。リアルタイムレポートの使い方ですが、アナリティクスにログインし、リアルタイムから概要をクリックすれば現在訪問しているユーザー数が表示されるはずです。

ユーザーの基本属性を知る使い方ですが、ホーム画面左側のユーザーから概要をクリックします。するとページビューや平均セッション時間や直帰率など7つの指標で、ユーザーの属性を把握することが叶います。
ユーザーのトラフィックの経路とは、自然検索なのか、バナー広告等からかを表示する機能です。使い方ですがホーム画面左側の集客からすべてのトラフィック、チャネルをクリックします。遷移した画面にはどのような流入元から自サイトに訪問したのか、検索ユーザーの軌跡を詳らかにしてくれるはずです。

このようにアナリティクスにはサイト運営に有益な、検索ユーザーの動向や属性などを簡単に分析することが出来ます。さらに便利な使い方には、サーチコンソールと連携させることです。連携させることのメリットは、サーチコンソールの機能と併用することで相乗効果を見込めるので出来ることが拡大することにあります。アナリティクスは自サイトに流入後の動向を主に明らかにしますが、サーチコンソールには検索クエリや自サイトが検索結果で何番目に表示されるのかなどのサイト流入前のユーザーの動向を明らかにしてくれるからです。