• ホーム
  • サイトを引越した際に注意すること

サイトを引越した際に注意すること

パソコンの画面にあるSNSアイコン

レンタルサーバーを変更するときや、ドメインを変更するなどWEBサイトの引越しの機会は思いのほか多いものです。この引越しを行う際には押さえておくべきポイントがあり、場合によっては、これまでのサイト運営の実績が無意味になり、SEO対策上申告で回復困難なダメージを被ることがあります。サーバーやドメインなどを変更したときの、引越し時に注意するべき事項を御紹介して参りましょう。最初にWEBサイトの移行に伴うリスクを確認しておきましょう。

WEBサイトを運営するのは、WEBマーケティングを展開するためであったり、自社のブランディングであったり相応の目的があります。ところがサイトを移行した途端に問題が発生すると影響は甚大なものになります。同時にサイトの移転はSEO対策でも大きな影響を与えます。特にURLの変更は深刻な問題で、URLを基準に検索エンジンのクローラーは巡回している以上、URLが変わったことを伝えない限りインデックスが途絶してしまうことになります。つまりいくらコンテンツ更新に努めても検索結果上位表示はおろか、インデックスされない事態も想定されるわけです。

そもそもサイトの移転が必要になるのは、色々な状況が考えられます。長期的なランニングコストを検討した結果、もっと安くて高性能のレンタルサーバーに乗り換えるためであったり、検索ユーザーが順調に増えたのでさらに高負荷にも耐えられるサーバーに変更するなどの状況もよくあります。

WEBサイトを引越したときに、忘れてはならない対応がトップページに301リダイレクトを設定しておくことです。301リダイレクトを行わないでURLの移転を行うと、Googleからの従前の評価はすべて失われてしまいます。結果的に検索結果上位表示も消えてしまうのでSEO対策上深刻な影響を被るので、トップページに301リダイレクトを設定し正しく新URLまでクローラーも検索ユーザーも誘導することに注意を払うべきです。

さらにサイトを引っ越したときの対応で忘れがちなのが、内部リンクです。内部リンクにはそれぞれのページをつなぐリンクや、ページのサイドバーに表示されているパンくずリスト・トップページへのリンクやグローバルナビゲーションなど、検索ユーザーとクローラーの両者のスムーズな遷移を促します。しかしURLが変わると内部リンクをすべて作り直すことになるので、怠らないことが必須です。