• ホーム
  • サーチコンソールで出来ること

サーチコンソールで出来ること

サーチコンソールとは、Googleが無償で提供しているWEBマスターやWEBマーケティングに関心のある方など幅広い層を対象にした、サイト管理ツールの一つになります。ビジネスサイトでWEBマーケティングを展開するときに心強い機能を豊富に備えており、サイト運営におけるSEO対策の一助はもちろん具体的コンバージョンの増加にも役立つツールです。ちなみにサーチコンソールの以前の名称は、GoogleWEBマスターツールでしたが基本的仕様に変更はありません。

まずサーチコンソールで出来ることですが、Googleからのメッセージ確認やHTMLの改善や、検索キーワードのチェックなどを行うことが出来ます。サイト運営で検索順位から排除されることになる手動ペナルティの適用を受けたことも、サーチコンソールを通じて知ることが出来ます。定期的にメッセージが来ていないのかを確認し、問題に直面したらすぐに対処する必要があります。

左メニュー内の検索での見え方→HTMLをクリックすると、検索画面のディスクリプションの状況を確認することが出来ます。ディスクリプションが短すぎたり、重複していたりすると検索ユーザーのクリック率も低くなるので、適宜確認することが必要です。

またサーチコンソールで出来ることには、自サイトがどのようなキーワードで検索されているのかを知ることも出来ます。ログイン後検索トラフィックから検索アナリティクスをクリックすることで、検索クエリごとの検索順位やクリック数の多い検索クエリなどが明らかになります。自サイトに連携するだけでもWEBマーケティングやSEO対策に役立つ機能は豊富ですが、さらにGoogleアナリティクスと連携することでも、別方向からのサイトアクセス解析を可能にします。

サーチコンソールの使い方ですが、利用開始の前提にGoogleアカウントを取得してログインする必要があります。画面右上の”プロパティを追加”をクリックし自サイトのURLを入力して続行を押します。別の方法からHTMLタグにチェックをいれて、”確認”してから表示されたHTMLタグをコピペし、自サイトのheadタグ内にペーストします。サーチコンソール画面に遷移して確認をクリックすれば利用開始になります。

サーチコンソールの便利な使い方には、クロール申請があります。検索結果にコンテンツ更新結果をいち早く反映させたいときに、クローラーの巡回を促しインデックスされる確率を高くすることが出来ます。