• ホーム
  • バックリンクのSEO効果について解説します

バックリンクのSEO効果について解説します

パソコンを使っている女性

大手検索エンジンのGoogleでは、度重なるアルゴリズムの更新が繰り返されてきました。アルゴリズムとは検索結果を判断するための目安になる仕組みのことで、Googleの場合200以上も存在し稼動していると推測されています。いわゆるGoogleアップデートが繰り返されてきた結果、その都度大きな順位変動が発生したりすることも珍しくないためアルゴリズムの更新の度にSEO対策のありようの再検討を迫られることも珍しくありませんでした。当初は手動更新だったものが、コアプログラムに組み込まれた結果、リアルタイム更新されたアルゴリズムも存在しています。このように検索エンジンのアルゴリズムの変動にもかかわらず、SEO対策においてバックリンクは依然重要なのは確かです。

バックリンク(被リンク)とは外部サイトから自サイトに貼られたリンクのことです。SEO対策においてバックリンクが重視されてきたのは、ひとえに自サイトの客観的評価指標として優れているからです。これはリンクを貼るという検索ユーザーの行動の動機をさかのぼれば了解できることです。自サイトに訪問しランディングしたページのコンテンツであったり、さらに興味を持ってアンカーリンク先のテキストを参照するなどして、直面している課題の解決に役立ったり有益な情報を入手したからこそ、外部リンクに貼ってさらに拡散させようとしているわけです。つまり優れたコンテンツにめぐり合えたことでバックリンクを貼るのは至極自然な流れと評価できます。したがって自然な被リンクを数多く獲得すれば、検索エンジンからも高い評価を得やすくなるのです。

ところがバックリンクは数だけでなく、リンク先の内容などの質も重視されるようになっています。つまり不自然なリンクの張り方をしても、むしろ逆効果で場合によっては、不自然なり張り方のリンクを理由にして検索エンジンからペナルティを受ける可能性もあるわけです。アフィリエイトサイトではコンバージョンを上げるために、バックリンクを獲得するためにリンクファームなどを購入する向きもあるようです。しかし不自然な被リンクはペナルティのリスクも高いので、アフィリエイトサイトを運営するときでも利用するのは賢明な姿勢とは到底評価出来ないわけです。

同様に不自然なリンクという点ではサテライトサイトの活用も注意が必要です。バックリンクを増やすためにサテライトサイトを展開しても、関係性が希薄であればSEO効果が見込めないだけでなくペナルティのリスクも否定できないからです。